出会い系とメル友掲示板の違い

インターネットでいうところの「出会い系」というジャンルは非常に範囲が広く、その日一日遊ぶための出合い相手を探すといいったものから、真剣な恋愛のパートナーを探すといったものまで、様々な種類があります。
もちろん、出会い系には「友人を探す」とツールという使い方もありますが、メル友掲示板とはどういった違いがあるのでしょうか?

メル友掲示板というものは、一つの掲示板に沢山の人が書き込みをして、その中で気があった人がアポイントメントを取るというのが主流です。
チャットで大人数ワイワイ会話をし、気があった人同士が後で1対1で改めてチャットして親睦を深める、といったスタイルに似ているかもしれません。
「多人数→一対一」といった流れ、という感じでしょうか?

それに対し、出会い系の場合は初めから「一対一」でコミュニケーションが進んでいきます。
プロフィールを登録し、それを見て接触したいという人から連絡をもらう。
そこでお互いの気持ちが合えば、コミュニケーションが始まる、といった感じでしょうか?
ですので、メル友掲示板よりは多少「慎重な判断」が出来るというメリットがあると言えるかもしれません。

また、メル友掲示板の場合は、必ずしも実際に会うことを前提にしていないためノリが軽い場合が多いですが、出会い系の場合は、継続した付き合いや真剣な恋愛を求めている人が利用する割合が高くなっています。
更に、メル友掲示板よりも出会い系の方が、利用者の年齢層が高い傾向にあるようです。